Android wearは、日本で流行るだろうか?

ちょっと、旧聞になるが、Googleが、Wearable用に、Android Wearを発表し、韓国、台湾、アメリカのパートナーも発表された。
早速、時計型の端末が2つほど発表されているようだが、果たして、これが日本でうけるかどうか、甚だ疑問だと思っている。
元は、Androidなので、Androidスマフォとの相性はとってもいいが、2-3気になる点がある。
1。日本では、iPhoneが圧倒的なので、そことの連携はどうなるのか?
2。売りは、音声認識系のようなのだが、果たして日本で音声認識がはやるか?
3。今でも、Googleにすべての情報を持って行かれると危惧している人がいる中で、時計型になって、自分の健康状態まで、持ってかれたらどうなるのだろうというセキュリティ的心配がある。

1は、頑張って、メーカがiPhone用のアプリを作って同じようなサービスをするのかもしれないが、やはり、iWatchまで、待ってしまいそうである。
3は、気にする人と、しない人が明確に分かれそうだが、私などはちょっと躊躇する。時計から得た情報が、Googleに広告を提供している企業にわたってしまったらと思うとぞっとする。 そんなことはしないと言うだろうが、やっぱり怖い。
2については、音声認識の長い歴史の中で、日本であたった物が一つもないと認識しているので、一番大きなハードルで、やっぱり、無理じゃないかと思っている。 ずっと昔の音声ワープロ、固定電話機の開放の頃に、発売された音声認識つき電話機、携帯だって、何度も音声関連の機能を入れたが、結局使われず。。。現時点でのAndroid電話、iPhoneの音声認識も、何人の人が使っているのだろう?
独りで車を運転している時ならいざ知らず、電車の中、電車を待ってる駅とかで、時計に向かって、ぶつぶつ言っていたら、奇異に見られるかもしれない、また、周りに迷惑かも知れないとか思ったら、使う気にならないような気がする。 この、人から変に見られるかも、周りに迷惑かもというあたりが、昔からの日本人の感性ではないかと思う。
最近の、若者がこのあたりを克服しているのであれば、うけるかもしれないが、電車の中とか、ホテル、病院のロビーとか、人の集まる場所での携帯使用は控えましょうってのが一般的になって、それをみんなが守っているのを見ていると、変わってないのかなとも思う。
声を出さずに、入力ができるような機能、もしくは、入力は簡単なタッチだけで、実現できる有用な機能がついたら、それがきっかけになりそうな気がする。
いっそのこと、時計でなく、"Wearable端末"をガラケーみたいな物にしてしまってはとも思ったり。 最初は、外されてしまった、日本、中国のメーカには、何か違う物を考えてほしいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック