熟年鰹の"まだまだ泳ぐぞ”

アクセスカウンタ

zoom RSS VAIOが消える?

<<   作成日時 : 2014/02/06 12:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のニュースになってしまったが、ソニーのVAIOが売却されるとか。
日本の企業の特徴的な物が次々無くなって行くようで、とっても寂しいが、これも時代の流れなのだろう。
フォローアップのニュースで、もう少し、詳細が出ていたが、結局、新興国での伸び悩みと、個人向けXPのリプレース需要の読み違えが致命傷で、タブレットに軸足を移さざるを得ないということらしい。
新興国でうまく行かないというのは、あっちでもこっちでもよく聞く話。 これは、日本の企業体質なのか、それとも、国の政策の関係なのか? (インフラ系の装置だと、欧州のメーカあたりは、国がバックアップするケースは、よくあるみたい) ここらあたりはよく分からないが、XPの話はよくわかる。
当家でも、家内にWeb閲覧要に、モバイルPC(VAIOだった。。。デザインがよかったので)を渡したが、彼女は、MS-Officeを使う訳でもなく、趣味の音楽系のWeb閲覧、Youtubeあたりが見れればいいので、OSのアップデートとか全く関係ない。 古くなったので、どうしようかってなれば、当然タブレットで十分。 なので、私の持っていたiPadを渡して事足りている。
こんな例が多いのではないだろうか?
XPは、もう危ないから辞めなさいっていわれたら、”はいそうですか”で、PCを買い替えるのではなく、タブレットに移ってしまう。
私の7−8年前の職場でも、なぜ、みんなWindowsから離れないのかという議論をしたことがあるが、結局それはMS-OfficeとIEのせいだという結論になった。 ビジネス的には、MS-Officeが標準なので、その文書を見る為には、Wondows-PCが必須だった。 なので、ビジネスに使わざるを得ない人は、家でもWindowsだった。 また、どこかのWebサイトを見ようと思っても、IEはあっても、他はサポートされてないということもあったので、ほとんど閲覧のみの人も、Windowsだった。
ところが、今は、ビジネスに絡む人でも、MaC上で、互換ソフトを使うようになったり(かくいう私もMBAを使ってる)、閲覧のみの人は、タブレットとかスマフォで十分になった(iPhoneとかの普及で、ほぼ、どこのサイトでも、スマフォ、タブレットで見れるようになった)。
このあたりを、見誤ったとすれば、人気とブランドの上に胡座を書いていたといわれても仕方がない。
ブランドがまた消えてしまい、下手をすると、また日本の得意分野がなくなるかもしれないというのは、寂しい限りだが、それを捨ててまで集中をするという次の製品では、同じ間違いをしないように、思い込みや思い上がりのない市場調査の上での開発を進めてもらいたいものだ。(私が昔いた某N社のように、98の次は98とか、Nブランド携帯を持ってる人は、次もNにしてくれるはずとかって、思い込み、思い上がりの例は、枚挙にいとまがないが。。。。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビジネスコンサル
IT-BONITOは
こちら
VAIOが消える? 熟年鰹の"まだまだ泳ぐぞ”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる